LOG IN

【十勝グルメ】田舎だからこそ出来る極上の味作り「カントリーホーム風景」(鹿追町)

by shika.C(HOTEL NUPKA STAFF)

鹿追町の更に奥、知る人ぞ知る名店あり

然別湖への旅、第2弾は「カントリーホーム風景」のご紹介です。なかなか然別湖に辿り着きませんが、お腹が減っては元気が出てきません。「鹿追町に良いお店あるよ。」と以前に同僚から勧められ、気になっていたので昼食を食べに行くことにしました。畑の中を車で突き進むと大きな看板が見えるのでそれが目印となります。

カントリーホーム風景

地図を見て分かるとおり、周りには畑が広がっています。ホテルヌプカからは車で約50分!帯広からはもちろん、鹿追町に住む人ですら気軽には行けない距離にありますが、田舎だからこそ出来るこだわりの味がそこにありました。

建物外観。外から見るとお店というよりは住居のような感じがしますが…

中に入ってみると木の温もりを感じる心地良い空間が広がっていました。

店内奥のテーブル席。良い空間だ…

陽の光が差し込むソファー席。ずっと座っていたい。具体的には3時間ほど座っていたい。

店内中央には水入れ用のガラス瓶とクナウマガジンのスロウがありました。

レジの周り。上にはサイン色紙もありました。

レジ横には商品が入ったフリーザー。店舗の横には加工所があるため、そこで加工された自社製品の直売も行っていました。大きさによる値段の違いがほとんどないため、大きいサイズの方がお買い得です。

飲むヨーグルト、プレーンのでーでーぽっぽ、白いプリンを帰りに買いましたが、どれも濃厚な味わい!
飲むヨーグルトはちょっと液体なヨーグルトといった感じで、スプーンを使いたくなるほど。一度飲むとその美味しさにリピーターになる人続出らしいです。
でーでーぽっぽは有名ホテルや旅館でも取り扱われている極上ヨーグルトです。もっちり濃厚な舌触りと酸味を抑えた優しい味が、一口また一口とスプーンを口に運んでいきます。

メニュー表の後ろには「このおいしさは 牧場だからこそ」のメッセージが。
店舗、加工所、牛舎が隣接しており、育成、搾乳、加工、販売を集約して行うことで良いものを提供出来ているんだなぁと感じました。

昼食として注文したのが蟹のドリアとアイスクリーム。ドリアはチーズの海に溺れそうなくらいのチーズたっぷり具合で満足でした。ただし後から店員さんに聞いてみると、初めての人は「風景のスロウバーガー」というメニューがオススメだそうです。今度行った時に食べてみよう!

ソフトクリームはカルピジャーニというアイス業界では有名なメーカーの物を使っており、ふわっふわな出来上がりです(写真のソフトクリームの気泡が見えるでしょうか)。この日は大阪のメディアからの取材があったため特別にヨーグルト味のソフトクリームをいただきました。不思議な味わいですが、確かにヨーグルトのソフトクリームとなっており、美味。今度は通常バージョンも食べに行きますよ~。

食べ終わってのんびりと外を眺めているときに撮影。

この時は雪に覆われていましたが、ドッグランもあり、ペットと一緒に来ても楽しむことが出来そうですね。春や夏は賑やかになりそう。

この味わいを楽しむためには

さすがに町から離れすぎているため、直接行くのは難しい場所です。実はカントリーホーム風景で作られている商品はオンラインショップで購入することが出来るほか、お取り扱い店舗で購入することが出来ます。ただし、一部の商品は賞味期限が短過ぎるため、オンラインショップでも購入することが出来ません。激レアですね。

お取り扱い店舗 | カントリーホーム風景

ホテルヌプカから最も近いのはJR帯広駅エスタ東館2階にある「とかち物産センター」、次いで近いのは藤丸百貨店となっております。

各商品は少々値が張りますが、その味わいは格別となっています。是非一度お試しください。

商品のご案内 | カントリーホーム風景


shika.C(HOTEL NUPKA STAFF)
OTHER SNAPS